アーカイブ

人間と共存することが出来る、動物。
私達人間の間では、この共存できる動物は「ペット」として飼うことが出来ます。
昔は犬や猫といった動物が主に共存する動物だったのですが、時代は変化していき、現代ではウサギやハムスターのような愛くるしい姿をして哺乳類なんかも人気ですし、鳥類なんかもよく飼われるようになりました。また、中にはイグアナやヘビといった爬虫類の動物をペットとして飼っている方も中にはいらっしゃいます。
私達からすれば、様々な動物と共存出来るようになったのって嬉しい限りですよね。

ですが・・・。動物というのは人間と一緒で、やがて寿命を迎えて息絶えてしまう生き物。
また、その寿命というのは人間よりも遥かに短い為、殆どのケースで動物の死を見届けることになってしまうのです。
ペットは、家族の一員という言葉があります。この言葉に基いて、ペットが亡くなってしまったら私達は悲しみに襲われますし、しばらくの間はその存在を忘れることは出来ないでしょう。

家族の一員である、ペット。
ペットが亡くなってしまったら、人間と同じように弔ってあげなければいけません。しかし、このペットの弔い方というのは、知っているようであまり知られていないのが現実なのです。
ペットが亡くなるなんてこと、考えたくない・・・。という点もありますので、亡くなった後の事は調べないと言われれば、納得の理由ですがね。

もしペットが亡くなった際、人間が亡くなった時と同じように「葬儀」してあげるのが、人間が動物にとって最後に出来ること。
ペットの葬儀は、主に「火葬」によって行われます。
火葬をすることによって、天国に送り届け、残った骨を返骨してもらう・・・。これが出来なければ、最後の最後で動物たちは悲しんでしまいます。
動物たちの最後を後悔無く送り届けてあげられるように、動物を飼うならば、もしものときの葬儀はどうすればいいのか。また、火葬といってもどのようにすればいいのか。
これらの手順を、葬儀と火葬の知識を覚えておく必要があると言えるのでは無いでしょうか。

外部リンク

大切なペットを火葬するなら大阪で。安心の設備とサービスで気持ちよく見送りましょう。|北摂池田ペット霊園
数珠が欲しかったら女性用のものも買いましょう!;安田念珠店
ペット霊園を調べるならこちらがオススメです。:ペット葬儀なび

葬儀サービスは横浜で選ばれている│わかば葬祭